「満席御礼!
沢山のお申込み
ありがとうございます!!」

同業者ブログの中にある
『満席御礼』の文字を見るたびに

心の中はいつもモヤモヤしていました

それは…

「私と違って、やっぱりあの人はスゴイな」
という相手の才能を羨む気持ち

そして もう一方では…

「あの人より私の方が
素晴らしい商品を提供できるのに」

と相手の商品を卑下する気持ち

どこか矛盾したその二つの思いが
いつも私の心中を占領していたのです


不安・焦り・嫉妬・・・

グルグルグルグルと渦巻いた
マイナスの感情を身にまとい

口からでるのはため息ばかり

「はぁ~ こんなハズじゃなかったのに」

鏡に映るドンヨリとした醜い自分の姿に
心底嫌気がさしていたのでした


2013年1月

大阪の北端「箕面」という少し不便な地に
「自宅料理サロン」をOPENしました

不安の中にも
希望と華やかさに満ち溢れた
サロン人生の幕開け

ドキドキしながらも どこか自信があり
成功を夢みていたのです



さっそく、記念すべき第1回目となる
「お茶会&料理レッスンの案内」を
ブログで告知しました

きっと 多くの人がその記事に喜び
反応してくださるだろうと
期待しながら…

けれども、そんな期待はあっけなく打ち砕かれ

1か月目のお客様は
たった1名だったのです


それっきり
うんともすんとも言わないメール

なんの反応もない受信箱を
数分おきに覗いては

「問い合わせフォームに
不備があるのかもしれない」
と、自分で自分のサロンへ予約を入れてみる

そんなメールテストを何度も繰り返し…

気が付くと受信ボックスの中は
自分自身からのメールで溢れていたのでした

その『架空の申込み』をボーっと眺めながら

「沢山のご予約を頂きました!
ありがとうございます!!」

次はヒトリゴトをブツブツと…
流行りのアファメーションを唱えてみた

けれども、そんなまやかし
何百回と頑張ったところで
現状が変わるハズもなく…

余計に空しくなったのでした

はじめまして MIHOです


私は ブログで1度告知すれば
「すぐに人は集まる」と信じて疑いませんでした

ブログさえ書いていれば
「集客は簡単」だと思っていたのです

だってインターネットの影響力は
スゴイのだから!


その代わりに
一生けん命、技術や商品の質を
高めることに力を注ぎました

「根っからの職人気質」が顔を出し
来る日も来る日も料理の研究に没頭したのです

しかしながら そんな努力も空しく
お客様は来てはくれませんでした

そう 私の商品を「欲しい」と言ってくれる人は
現れなかったのです

1円の収入もないのに体はクタクタ

それでも未来のお客様の笑顔を想像しながら…

「絶対大丈夫!
私にはこんなに素晴らしい
料理レシピがあるのだから!」

自分自身にこう言い聞かせていました


OPENから1ヶ月、2ヵ月、3か月…
その後もサロンには閑古鳥が鳴き続け
 
私は身も心も疲れ果て
夢をあきらめる寸前まで来ていたのです


その時初めて
集客が難しいということを知ったのです

そして集客の大切さ実感をしたのでした

それまでの私は
「良い商品」さえあれば

お客様は自然に
行列を作ってくれると思っていました

けれども…

「どんなに最高の商品を持っていても
見つけてもらわなければ
価値がない・存在しないと同じ」

たとえ、その商品が
世界一のクオリティだったとしても

じっと待ってるだけじゃ何も生まれない
知ってもらわなきゃ何も始まらない

誰も知らない工房でひっそりと
作品作りに勤しんでいても意味がないのだと

そんな当たり前のことに
やっと気が付くことができたのでした

…今思えば その頃から
シゴトに対する覚悟や責任を
持つことができたようなそんな気がします


ふと 昔、自己啓発本で見た言葉が
思い浮かびました

『自分自身の意識を変えれば
人生がどんどん上手く回りだす』

ある日 それを強く実感できる
不思議な出来事が起きたのです

OPENから8か月が過ぎた頃…
急にお問い合わせが増え

前月4名のお客様だったのが
20名近くもの方にご予約をいただけたのです!

そしてラッキーは続くものです

同時期に、外部(企業)からのシゴト依頼
雑誌取材・関西ローカル番組の出演依頼 etc.

次から次へと夢のような話が
舞い込み始めたのです!!

一体何が起こったの!???

当時の私には見当もつきませんでした

でも、それは奇跡でもなんでもなく
当然の結果だと今なら分かるのです


そう、それまでに積み重ねてきたものが

その頃から徐々に
形となって現れだしたのでした

私の集客法について
少しお話しさせてください


「レッスン風景写真なし」
のブログ
「お茶会」等の交流会に4年間一度も参加せず
「読者登録申請」「いいね!」周りを断固拒否


これが私のビジネススタイル
トンデモナイでしょう 笑

私は、SNSツールを使ってビジネスをしながらも
「SNS集客の王道」を完全に無視した
NG満載の方法でずっとやってきたのです


お手本にもならないでしょうし
もちろん褒められる事でもありません

集客セミナーに参加すれば
おそらく一番にダメ出しされると思います^^;
 
だから安易に真似しないでくださいね
ゼッタイに危険ですョ 笑

それは自分でもよく分かっていました
けれども「消極的」「人見知り」「社交性なし」

そんな性格の私には
巷のSNS集客法はハードルが高く
どんなに努力しても実践できなかったのです

  • アメブロの読者登録1000人!?
  • 華やかなお茶会で自撮り!?
  • 強気のクロージング!?


ビジネスとなるとめっきり奥手な私

SNSビジネス王道と言われる集客術は
到底難しいものだったのです

「デキナイ!
ゼッタイ無理!!」

「だったらサロンやめる???」

「いや、やめたくない!!」

自問自答を繰り返す日々…

「そうだ!
できないなら、違う方法で

アプローチすればいいんだ!」

と、別の手段を考え抜き
独自の集客方法でトライしていきました 
 

その甲斐あって未来のお客様へ
安心と信頼を与える事に成功


そして 今までの努力も認められ
鳴かず飛ばずの料理サロンから
予約の取れないサロンになったのです

そして現在に至ります


以上が
ボンモマンのリアルストーリー

この私の経験と実績は
悩める多くの個人起業女性を
勇気づけられると確信しています


女性が輝ける贅沢な時をプレゼントしたい
心地よい非日常空間で 心を豊かに
世界観を広げていただく

そんな価値を感じていただけるサロンでありたい


これは2013年のOPEN以来
変わることなく大切にしてきた
サロンコンセプトです

おかげさまで
今 空間には笑顔が溢れ
「理想のサロン」が実現できています



私が特別だったから?
 
いいえ違います

多くを乗り越えてきた私だからこそ
自信を持って言えます

「あなたにも必ずデキます!」と
 
だから自信をもってください


そして…

どうか あの頃の私のように
心をすり減らすことなく

心から笑って
大好きなシゴトをしてください


そして多くの人たちに
幸せをプレゼントしてください

これが私からのメッセージです

MIHO TSUDA

食を通して幸せなライフスタイルを提案する
プライベートサロン「BON MOMENT」をゼロからスタート

-2017年新春-
生徒様1名から始まったサロンも4年

ブログに綴っている自身の考えやライフスタイルに
共感してくださる方が増え


好立地とは言えない場所にも関わらず
近畿圏だけでなく、東京や九州、名古屋といった
全国からお忍びでお越しいただけるように

生徒様の間で「運気がUPするサロン」と噂されることもあり
限定数にて開催の料理レッスンはリピート率80%以上
予約受付開始後03秒で「キャンセル待ち」となることも!

MIHO自身の生活スタイルにも支持を頂き…
現在は料理だけでなくLifeスタイリングのアドバイザーとしても
お声がかかるように

素敵な「人」「運」「奇跡」に恵まれ
シゴト・プライベート共に充実した毎日を送っている



アメブロ: Bon Moment 幸せ時間

お料理、紅茶、ワイン、インテリア、キッチン.and more…
 コダワリのライフスタイルや日々のあれこれ綴ってます